なんとインフルエンザが今シーズンは
2か月早まっていてます!

うちの子が通う小学校や中学校では
すで何人もかかり、
お母さんたちも一時戦々恐々としていました。

予防接種のワクチンも医療機関で予約開始したばかり。
例年よりスタートが早まったことで焦りますね。

でもよく考えると

予防接種はしているけど毎年かかる子
予防接種をしていなくてもかからない子

インフルエンザのかかると高熱が続き
ぐったりしてしまう子

すぐに熱が下がり
元気になる子

いったいこの違いは何でしょう。

インフルエンザにかかりにくい人は何が違うの?

それは免疫力です。

そして
かかったとしても軽くすんだり
回復が早いのは

自然治癒力の違いです。

高齢の方や
持病をお持ちの方が
重症化しやすいのは
ここの違いですね。

身体が本来備え持つ
免疫力、自然治癒力
しっかり出せると
こんな変化を体験できます!

 

例えば私の息子は
毎年のようにインフルエンザにかかっていた子

重ね煮に出会って
食事で整えることにシフトしたのを機に

手間もお金もかかる予防接種を
やめてみました!

初年度は罹患しましたが
薬は服用せず自力で治しました。

そして翌年はかからず!
しかも教室の座席の四方の生徒が
インフルエンザで欠席したにもかかわらず。

息子は「自力で治した!!」
という自信がつき、

わたしは時間もお金も節約できただけでなく
家族の健康を守れたという自信につながりました。

重ね煮アカデミーの養生科の生徒さんの中には

1歳や2歳のお子さんがいても
お子さんやママもインフルエンザにかからなかった方、
家族全員かからなかった!

というお声があるのです。

いったいどうして?と思いますね。

免疫力、自然治癒力を身につけるには

 

免疫力、自然治癒力を身につけるために
意識したいこと

それは

我が子や自分の体調を
よくみること。

「みる」ことで
どう判断するかが大切です。

調子のいい時は
お肉やごちそうを食べても

調子のよくないときは
ご飯とお味噌汁だけにする

食べすぎたら
翌日は少なくする

この引き算の食べ方を
食べ方の根っこにもつことです。

養生科の生徒さんは
ここをしっかり学ばれているので

食べ物と身体の関係がわかり
すんなり実践できるので

ラクに身体が整います。

あとはやっぱり
重ね煮ですね。

「重ね煮」がなぜ
インフルエンザ予防になるのか。

次回に書きますね。