毒をどんどん入れない食べ方、ふやさない食べ方って??

 

 

中耳炎を繰り返さない食べ方のコツは

2つありますよ。

 

 

===============

①体を冷やさない食べ方をする

②ご飯と味噌汁を食卓の中心に置く

===============

 

 

これだけです!

 

シンプルですよね。

 

けれどもこれを意識するだけで

お子さんの身体は応えてくれます✨

 

まずは、

①体を冷やさない食べ方をする

 

体が冷えると内臓も冷えます。

すると

胃腸の働きが鈍くなり

消化する力が下がってしまいます。

 

 

体を冷やす食べ物は、

①アイスやジュースなど甘すぎるもの。

生の野菜や果物

 

これらは身体を冷やし

胃腸に負担がかかります。

 

旬を迎えたきゅうりやトマトも

生のままでもいただける野菜ですが、

 

お子さんに症状が出ている時は

さっと火を通したものや

塩や梅酢で浅漬けのように

揉んだものを意識すると良いですよ。

 

これのいいことはこの2つあります。

✔︎食材のアレルゲンが弱まる

✔︎消化しやすい

 

つまり、

アレルギーの症状が出ているときは

胃腸が弱っているときなので

身体に負担をかけずに済む

おすすめな食べ方ですよ。

 

 

 

 

毎日のごはんの中心に身体に馴染むご飯と味噌汁を置く

 

食べたらいいもの、よくないもの、

ではなくて、

献立の中心にあるといいものです。

 

毒を溜め込まない

毒を出しやすい

詰まらない(流れやすい)

身体を作ることができます。

 

なぜかというと

私たち日本人が昔から食べてきたものは、

消化吸収するための内臓や消化酵素が備わっているので

排泄までスムーズに流すことができるからです。

 

 

普段の食卓の中心にご飯と味噌汁。

意識してみてくださいね。

 

薬に頼る前に

ママがアレルギーっ子のお家でできることは

実はシンプルで簡単なのです😊

 

けれども、

毎日の積み重ねの効果は絶大ですよ!

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 
繰り返す中耳炎は
毎日の食事で改善します。
 
 
体質だと諦めなくて大丈夫!
 
 
アレルギー体質を改善するための
手がかりを知恵とレシピを通してお伝えする
次回の重ね煮1日体験クラス
こちらからお申し込みいただけます。
 
▼▼
http://hashimotomayumi.com/class-corse/first-lesson/?blog0610