Cさん(養生科修了 千葉県在住 12歳のお子さんのママ)

◎養生科で印象に残っていること

まず最初に重ね煮味噌汁を作ったときの湯気の香りと口にしたときの味わいで、なんともほっとできる安心感に包まれました!
 
わかりやすい動画を見ながらできるので、料理が苦手な私でも作りやすかったです。
そして初夏には、人生初の梅シロップ作り。
私は炭酸水で割り、すっきりとした甘さを楽しみました♪
 
座学では、食の知識を学べました。
今までの食に対する考えが、ひっくり返りました。
シンプルに昔ながらのもので良いのかぁと納得でした。
買ってくる食材も以前とは変わりました。
 

◎自身や家族の変化

私はお菓子が大好きで、たくさん食べていました。
けれど、だんだんと食べる量が減ってきました。
完全に甘いもの断ちするのは難しいですが、半年前より調子が良い実感があります。
家族も朝晩ご飯と味噌汁を続けてるおかげか娘も学校を休まず通えていますし、夜遅くまで働くことの多い主人も、現在元気に働いてくれています。
 

◎先生はこんなひと

とても透明感のある穏やかな先生です。
重ね煮で食を整えたら、体の内側からキレイになれるのかな〜と憧れます。
そして受講生の質問に真摯に答えて下さる姿に、いつもすごいなぁとレッスンを受けています。
 

◎重ね煮アカデミーは、こんな人に勧めたい

日本人にあった食べ方を教えていただけるので、日本の全ての方にオススメしたいです!
そして私のように料理が苦手な方でも、「私でもできる!」という感動が味わえます!
私のような人生の折返し地点にきた人には、特に健康維持がとても大切なことです。
重ね煮料理を生活に取り入れて楽しく人生を謳歌される方が増えるといいなと思います。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
ありがとうございます。
 
Cさんは熱心でとても真っ直ぐに重ね煮を実践されるかたです。
講座で学んだことをまずはやってみる。
できない時があってもいい。
本人のムリのない範囲で。
 
 
おいしくできた!簡単にできた!
優しい甘さに感動した!
 
 
毎月お渡しするレシピをとても楽しみながら作るので
いつの間にか苦手意識も消えているようでした。
 
食事で整え、手当を活用されて
肌の痒みや料理が苦手という意識の克服、
など半年以内でどんどん変化されたのです。
 
 
食べるものが変わると身体が変わる
ということを体感され、
 
 
食べ過ぎたり砂糖や油が多い食事の後は
だるい、胃が重い、など
身体の声をキャッチして早めに養生する。
 
 
それがご家族の健康へとつながったのですね。