小さな揺れを感じたとき
いよいよきたか!
あ、準備していないままだ!
頭によぎるのはその思い。

いつ起きてもおかしくない
「災害」

すこしでも気楽に
準備するには
毎日の延長でできることを
増やすこと。

「楽しく備える」と
心も軽くなりませんか。

非常時に役立つ
簡単シンプルな調理法は
日頃から生活の中にあれば
安心です。

そしてこれ、
重ね煮の得意分野です(^^)

重ね煮でできること

少しの水で
冷蔵庫の残り物野菜を
蒸し上げる和え物

パスタもグラタンも
重ねてフタをすれば
フライパンひとつでできあがり

炊き出しに欠かせないトン汁も
鍋一つで完成。

大量の水を使わないで調理
水、燃料の節約
栄養分がほとんど失われない。

鍋ひとつ→仕上げまで
洗い物が少ない

調味料は少し、油や砂糖は必要なし
調味料、洗剤の節約

省エネクッキング

さらに燃料節約に欠かせないアイテムが
ありますよ。

重ね煮コゼーをここで活用!

https://kasaneni-cozy.com/whats-kasaneni-cozy/

かわいらしいでしょ♡
重ね煮アカデミー®田島恵先生オリジナル商品です。

ガスが止まっていて
家の中で頼りにするのは
「カセットボンベ」

重ね煮コゼーを使うと
カセットコンロに鍋を置き
火にかけ
沸騰して3分。

あとは火からおろして
コゼーに入れます。

保温調理が進み
鍋の中でしっかり火が通り
柔らかくおいしく仕上がります。

沸騰して3分で火からおろせる!
かなりの省エネです。

嬉しいことに
肉じゃがは
コゼーに入れたほうが
美味しくなりますよ。

カセットボンベ一本で
どんなお料理ができるか!

と、考えると、
少しの加熱で
一品仕上がるコゼー調理は
かなり省エネとなります。

実際、
北海道地震では
コゼーを使っている方が
災害時とても役に立った、
という声もあります。

頭にかぶれば
なんと防災頭巾代わりに

熊本に住むわたしの友人は
熊本地震で被災した経験から
コゼーを手に入れることを決断したほど!
「コゼーは災害時にきっと必要」
と強く感じたと言います。

でも防災や減災に興味がなくても

「時短や省エネなら
料理にも生かせる!」

と、ぴんときた方もいるのでは?!

まずはお母さんが試してみると
家族の日常になり、
非常時にも
無理なく使える
知恵になりますよ!