アレルギーっ子の悩み

塾で22時帰宅!受験生にやさしい晩ごはんの2つのポイント

大学受験生ママからいただいたご質問です。
高2の息子が学校帰りに直接塾に行くことになり、
22時頃帰ってくる生活が始まります。
 
真弓先生の息子さんは、塾の講義が始まる前に何か食べてますか?
やはり、コンビニで何か買う方法しかないのかと思案中です。
また、晩御飯は22時に帰ってきてからしっかり食べてますか?
 
 
タイムリーな話題だなと感じたので
こちらにお答えするカタチで
 
 
 
=============
22時に帰宅しても
受験生の健康を守れる食べ方
=============
 
 
というテーマでお伝えします!
 
 
 
今回は
 
帰宅は22時になる⇢塾の後の夕食どうする?
 
 
について書きたいと思います。
 
 
 
結論から言うと
しっかり食べさせていました!(^o^)
 
 
 
 
こう聞くと
 
え?
そんなに遅い時間にしっかり食べていいの?
胃もたれしないの?
太らないの?
翌朝、朝ごはん食べれるの?
 
 
 
突っ込みどころは
たくさんありますよね。
 
 
 
なので今日もまたまた
わたしが1年間受験生を支えるご飯つくりで
 
・やっていたこと
・気づいたこと
 
お伝えします。
 
 
 
 
我が家の場合はどうかな??
と置き換えてみて
少しでも参考になれば嬉しいです!
 
 
 
 
 
 
「22時に帰宅して食べるご飯」
わたしが意識したポイントは2つでした。
 
 
 
①栄養バランスバッチリ
②ぐっすり眠れる
 
 
 
なぜかとういうと
 
 
中高生って成長期。
受験生はからだが資本!
 
 
栄養も大事だし
明日も元気に活動できる
消化の良いご飯
であることもとっても大事!
 
 
 
たとえ栄養たっぷりでも
消化に時間がかかると
寝ていても胃袋が働くので
 
 
・身体が休まらない
・翌朝お腹が空かず朝ごはんが食べられない
 
 
なんてことにつながるなと感じたのです。
 
 
 
夕食のエネルギーは
翌日の昼間まではもちませんから
 
 
 
午前中の集中力はガタ落ち
イライラするか眠くなる
 
 
 
のどちらかです…どっちもイヤ( ;∀;)
 
 
 
実際に、うちの子も
調子に乗って夕食後にさらにおたのしみ〜と
パンにチーズのせて焼いて食べた翌日は
きもち悪そうに起きてきて
「ちょっと食べ過ぎた」
ってごはんを残しましたから。
(わかりやすいな〜)
 
 
 
なので
栄養バランスもあって
ぐっすり眠れる消化の良いご飯って
 
 
 
とっても大事だなあと感じました。
 
 
 
実際に
 
 
女の子は中学生時代
男の子は高校生時代
 
 
必要な1日の総エネルギーは
ピークを迎えますから
 
 
大事な夕食という一食を
例えば
「消化が良い=うどん」
みたいに軽く済ませると
 
 
いつかきっと
 
 
栄養不足
体調不良
意欲減退。。。
 
 
見たくない四字熟語が
いっぱいでてきますーーー。
 
 
 
ではどんな献立にしたらよいか、、、
 
 
 
 
わたしの場合は
・ごはんと汁物を食卓の中心に置くこと
・旬の食材を意識する
・砂糖や油を控えること
で、からだの軸を太くしてきました。
 
 
 
 
ここを叶えるのに
調理法を意識しました。
 
 
 
焼く、揚げる、生のまま(生野菜サラダ)
 

 
 
 
蒸す、煮る
 
 
にすること。
 

 
 
例えば
 
 
生サラダ⇢蒸し野菜小鉢
てりやき⇢蒸し鶏
唐揚げ⇢肉じゃが
 
 
こうすることで
消化に負担がかかる原因となる
油の使用量はぐっと減り
消化しやすいご飯に変わりました。
 
 
油と同じく減らしたい砂糖
野菜と一緒に蒸したり煮たりすることで
甘さを引き出せるので
使わずに済みました。
 
 
そんな中
いちばん「コレいいな♡」
と思ったことを
最後にご紹介します。
 
 
 
それは汁物中心の献立にすること
 
 
 
 
汁物
 
・栄養まるごといただける
・消化しやすい
・具材が多いほど美味しくなる
 
 
というメリットがあります。
 
 
一つの鍋で完成するので
片付けもらくです。←これはママにとってすごく重要!
 
 
 
 
わたしと一緒に重ね煮を学んだ
大学受験生のママに
「どんな工夫をしてきたの?」
と聴いてみたところ
すてきなメッセージを頂いたので
ご紹介しますね♡
 
 

 
 
工夫あまりしなかったです。
 
具だくさんみそ汁に
重ね煮(料理)なら
身体に優しかったので。
 
 
でもお肉食べたいと言う時期だったので
蒸したり茹でたりでした。
でもたまに揚げ物も食べたい
と言うと揚げ物も食べちゃってました!
 
 
 
 いかがですか?
とっても自然体でいい感じですよね!
 
 
 
 
重ね煮で身につけた”食べ方の軸”
がすでにある友人は
肩の力が抜けていて
自由度が上がっていました(*^^*)
 
 
 
わが子の健康を守るご飯に関して
ドンっと構えていられるって
サイコーですよね!
 
 
 
自由度といえば、
 
 
 
週末は好きなものを食べて
エネルギーチャージを
楽しむのも良いなと思っています。
 
 
 
わがやも模試の後などのタイミングに
定期的に餃子パーティーで盛り上がります。
 
 
本人たちスゴーく楽しそうに
200個ぐらいを包んでました。
(はい、作って包んで焼くまで
パーティーイベントにしていますwww)
 
 
 
 
食卓につく時間はまさに
リラックスタイム♨
 
 
 
温かい湯気のでるご飯を食べながら過ごす時間が
明日の”やる気”に繋がっていると感じています。
 
 
 
今回は、
「22時に帰宅しても
受験生の健康を守れる食べ方」
 
 
 
でわたしが実践して来たことと
考え方をお伝えしました。
 
 
 
いかがでしたでしょうか?

アレルギーっ子を支えるお母さんの知恵「重ね煮メールレッスン読者特典」

身体が根っこから強くなる「15分弁当レシピ」ご登録者限定無料プレゼント!15分で作るタイムテーブル付き

「食の知恵」をお届けする「重ね煮メールレッスン」。
今ならご登録者全員に、ママに嬉しい特別PDF冊子プレゼント。

詳しくはコチラ

 

この記事を書いた人

ハナミズキ 橋本真弓

橋本 真弓
重ね煮アカデミー® 認定師範
「ハナミズキ」代表

双子の息子と娘の三人の子の母。かつては子供の中耳炎やアレルギーで毎週通院。強い薬を飲ませることに疑問を感じていた頃に「からだは食べているものでできている」ことに気づき、重ね煮に出会う。

「台所にあるもので家族を守る知恵」を学び、家族の体調不良や自分の花粉症が改善。夫は無理なく9キロ減量。
いまはその知恵を全国の人にお伝えしている。

 

 

-アレルギーっ子の悩み