「カブトエビ農法」

我が家で初めて
カブトエビ農法で作られた
超低農薬米を購入。
その味はなんともおいしい!

あまりに美味しいので
娘が自主学習として取り組むことに。

興味がありすぎるわたしも一緒に調べ学習。
娘より熱く取り組むあまり
娘にうっとおしがられてしまいました(笑)

「カブトエビ」
あまりなじみがないけれど
実は米を主食とする日本人にとって
とても身近な「生きた化石」なんです。

体長が2センチから3cmくらいの
白亜紀から(!)その姿を保ち続ける甲殻類です。

画像はお借りしています。

この生きた化石の生態を利用した

低コスト・省労力でロハスな米作りができる

「カブトエビ農法」

東京農業大学の研究室さんが
20年前から取り組んでいるそうです。

カブトエビは農薬にとても弱く
除草剤を撒くと死滅します。
つまり、カブトエビが生息する水田は
無農薬栽培をしている証拠!

 

低コストで省労力でロハス!

 

なぜ低コスト省労力ロハスなのか。

それは
カブトエビの習性を利用していること。

①絶えず捕食や産卵のために足を動かすため、
水田の雑草の種や芽を浮かび上がらせ、

②巻き上がった土で水が濁ることで
日光が注がないため雑草の光合成を阻害するという
除草効果がある。

これには私も感動!
まさに低コストで省労力でロハス!

こんな素晴らしい農法を実践されている農家さんを
応援する意味でも購入して
美味しく頂いていきたいなと思うのでした。

 

先日、
小学校の授業の一環である田んぼ学習に
ボランティアとして参加した私は
水田の草取りを初めて体験。

藻や雑草が覆う田んぼにずぶずぶと入っていき
腰をかがめて作業する大変さを痛感。

この作業をカブトエビがしてくれるなら
なんてありがたいのでしょう~(*^^*)