重ね煮って煮るだけ?
こんなことおもいません?
重ね煮って

煮こみ料理だけ?
夏は出番がないの?
和食ばっかり?
砂糖なしって、甘いおかずは無いの?
飽きない?
肉や魚は使えないの?

実は
わたしも重ね煮に出会った頃は少し不安でした。
油も砂糖も無しじゃ
育ち盛りの子どもは
物足りないでしょ?
って。

でも、
重ね煮アカデミー®に通い始め、
重ね煮で毎日食卓を整えていくと
身体がとても元気になり
体調を崩してもすぐに治る、
そもそも風邪をひかなくなって(*^^*)
しかもどれもおいしいと言ってくれる。

重ね煮が大切にしていることは
季節に寄り添って
身体を整えていくこと。

つまり旬の食材を使って
気候や体調に合わせて
献立を立てるので
自然と身体が喜ぶごはんを
頂けるのです。

陰と陽を意識した重ね方で
お鍋のなかで調理することで
素材の持つチカラを
うまくぜ~んぶ引きだすから
なぜか甘さも出てきてくれるのです。

だからお砂糖なしでも
お料理がほんのり甘い♡

ちなみに重ね煮で作る
おせち料理は
やはりお砂糖なしです!
すごいでしょ?

日本には四季があるから
それを追っかけているだけで
本当に楽しい!飽きない!

重ね煮で
和食はもちろん
シャキシャキ触感の和え物や
イタリアン、
B級グルメ、

そして
スイーツまで♡
こなせるようになります。

例えば〜

アンチョビトマトパスタ

春雨サラダ

夏野菜の重ね煮ポタージュ
パエリア

くずもち

どうです?

わりと多彩なメニューですよね。

さらに
基本メニューを応用すれば

ミートソーススパゲティーや
焼きそば
餃子
夏野菜カレーなんかも
できちゃいます。

 

だから
重ね煮はどんなかたでもきっと
「おいしい~」って
つい言ってしまう魔法の調理法なんです♡

重ね煮アカデミー®横浜港南校
「ハナミズキ」主催・橋本真弓

詳しいプロフィールはこちらから