もうすぐクリスマス。

こどもが指折り数える
ワクワクした様子が伝わってきて
こちらまで楽しくなります。

クリスマスに欠かせない
ごちそうメニューは
特別な日を
盛り上げます♡

我が家は鳥の骨付き肉のローストを
メニューに盛りこまないと
こどもたちからブーイングが来ます(^^;

ローストチキンに
ポテトサラダのツリー
食後のケーキ。
年に一度の特別メニューです。

ハレとケ

古来より日本人は、
普段通りの日常を「ケ」の日、
祭礼や年中行事などを行う日を「ハレ」の日と呼び、
日常と非日常を使い分けていました。

「ケの日」があるから
ちょっといつもと違うメニューを出すだけで
子どもたちにワクワクしてもらえ
わたしとしては助かります。

ハレの日を引き立てるのが
ケの日のまいにちご飯。

ケの日のごはんこそが
家族の身体を支えているので

毎日作るものは
面倒でなくて、
シンプルでなくてはいけませんね。

ケの日こそ大切に

日々の「家庭料理」こそ
重ね煮がお伝えしたいこと

重ね煮の
合言葉
「切って重ねて火にかける」

一つの鍋で
仕上げてしまえるって
ほんと感激です!

「お迎えまでにあと少しだけ時間がある!」

例えばこんな時
一品だけ
下ごしらえしておくと
安心です。

まな板の横に
鍋を置き、
順に野菜を切っては
重ねていく。

水を入れフタをして
火にかける。

そのすきに
まな板を洗い
野菜をしまうなど
ちょっとお片付け。

鍋から湯気が出たら
弱火にして
数分で柔らくなるので
調味料を入れたら出来上がり。

だから
洗い物もちょっとだけ!
すっきり
時短省エネです。

嬉しいのは
素材の分量を量れば
必ず美味しくなるので
お料理がニガテでも
心配ご無用です^ ^

まいにちのごはんは
簡単シンプルに!

がんばらなくても
美味しくて
身体が整うごはんを
知っていただきたいです。