天気予報に花粉の飛散情報が出始めましたね。
「ああ、またこの季節が来てしまった」

窓を開けて換気をしたくても
布団を干したくても
外の春の花の香りを存分に吸いたくても

いやいや、それはまずいと
あきらめマスクをする。

のどや鼻のむずむずいがいがが
不快で、集中力にかけるし、
夜も眠れないくらいのどがイガイガ
とにかくつらいですね。

でも
台所にあるもので
その不快な鼻やのどのイガイガを
すっきりさせる方法があるんです。

これをすると
鼻の奥やのどのいがいがが
すっきりします。

それは塩番茶(ばんちゃ)うがい

塩番茶

塩番茶とは
字の通り、
番茶に塩を加えたもの。

塩番茶で
うがいをする!

塩番茶で鼻から吸って口から吐く
鼻洗いをする!

これなら気軽に
薬に頼る前に

子どもにも安心して
「できるかも!」
と思いませんか?

番茶の効能

番茶はお茶の葉の茎の部分を焙じたもの。
抗菌作用のタンニンが含まれます。

タンニンには
殺菌作用、
抗酸化作用、
のどの粘膜を潤す働きがある
のです。

さらには
ビタミンCも豊富なので
風邪予防にも効果的なのですよ。

のどが痛くなりかけたときに
うがいをするのも効果があります。

塩番茶の作りかた

⓵番茶を適量小鍋に入れて水を入れ煮立たせ、
少し濃い目の番茶を作る。

⓶番茶の重量の1%の塩を入れて溶かす。
おすましより少し濃い目が目安です。
すこし冷ましたぬるめが効き目があります。

鼻洗い
片方ずつ番茶を鼻で吸って
口から出します。
そのあと鼻をかむときも優しく
片方ずつかみます。

塩を加えない番茶も
うがい薬の代わりになります。
毎日のうがいの習慣にもいいですよ。

また目のかゆみには
目を番茶で洗うと効果がありますよ

ぜひ試してみてください。

ちょっとした不調や
すっきりを手に入れる方法を
すぐ薬に頼るのではなく
身近なものを利用する知恵を
知っていただけたらと思います。

解決方法は意外にも
台所にあるのです。