あなたが普段飲むもので一番多いものは何ですか?

コーヒー?
紅茶?
ウーロン茶?
緑茶?

わたしも数年前までは
朝に午後にコーヒーの人でした。

三年番茶に出会ってそのおいしさと効能に惹かれ
今ではすっかり番茶派です。

我が家にいらした方にはいつもこの
三年番茶をお出ししていますが、
皆さん面白いほど、
「おいしい~、ほっとした。」
とため息交じりに言われます。

なぜなのでしょうね。

実は番茶にはたくさんの
身体にやさしい秘密があるのです。

三年番茶とは?

原料となる茶葉は緑茶と同じですが
出来上がるまでの加工の仕方に違いがあります。

緑茶は新芽を摘むのに対して
番茶は遅刈り三番茶や四番茶、
あるいは硬い葉や茎が原料。

摘み取った後、天日に干してから
三年間熟成させ焙じているので
三年番茶と言われています。

軽くてさっぱりした味が特徴で
毎日飲むのにはピッタリです。

価格も
玉露や煎茶に比べると安価で
ご家庭に向いています。

さらに
手間暇かけて熟成する工程で
実はたくさんのいいことが
番茶にはあるんです!

三年番茶の効能

①刺激が少ない

三年間熟成しているのでカフェインが少なく
小さい子や妊婦さん、ご年配の方のも安心

焙じてあるで、
緑茶の持つ刺激が和らぎ
胃腸など内臓への負担を減らします。

②ウイルスの増殖を防ぐ

殺菌作用があり
雑菌の繁殖や粘膜の炎症を抑えてくれるので
外から帰ったら
番茶でうがいをすると
風邪予防や
体内に入ったウイルスの増殖を抑える効果
期待できます。

③身体を冷やしません

火を通している分
陰陽の観点からも
「中庸」の飲み物なので
緑茶のように身体を冷やすことはありません。
身体の調子が悪い時でも負担のないお茶です。

 

ちなみに
つい常飲しがちなコーヒーですが
少量だと食後の爽快感、
一時的な覚醒にはいいのですが

胃腸への負担が強く
肌荒れや冷え性を助長してしまう恐れがあるので

体調をみながらたまに楽しむ
嗜好品の範囲で
取り入れるといいですね。

水分補給には
新陳代謝をスムーズにしてくれる
安全なお水やお茶が一番です。

私たち日本人の身体にも日本食にも
素直に合うのは
日本茶。

中でも身体の負担の少ない番茶で
身体を穏やかに保ち、

猛威を振るうインフルエンザや
寒い季節の冷えに負けないよう
体調を整えていきたいですね。

どこで手に入るの?
とよく聞かれますが、

ネット通販はもちろん、
自然食品屋さんには売ってますので
手に取ってみてください。

我が家はこれです↓

ただいま
一日体験クラスを開催中です。

三年番茶もご用意して
お待ちしています。

短い時間で美味しい料理を作りたい
☑冷えや肩こり、生理痛に悩んでいる
☑アレルギーを改善したい
☑薬に頼りたくない
☑好き嫌いを直したい

そんなお悩みをお持ちの方
ぜひお気軽にご参加ください。
大きなヒントを得られる教室です。

少人数で
ゆったりした空間で
学びたい方にピッタリ
重ね煮アカデミー®横浜港南校「ハナミズキ」で
お待ちしております。

体験クラス日程
1月31日(木)残3席
2月15日(金)残2席
2月21日(木)

参加費5400円

JR本郷台駅より徒歩10分
お子様連れでのご参加も可能です。