重ね煮を始めて食べた方の多くは
その歯ごたえや色鮮やかさに驚かれます。

「重ね煮は煮物ばかりかな?と思ってました」
という生徒さんは確かに多いです ^^

その仕上がり具合の秘密のひとつは鍋!

作るもので鍋を使い分けて
さらに作りやすく美味しくします。

と言っても特別な鍋はいらないのです。

3種類の鍋があれば
あなたも重ね煮は一通り作れちゃいますよ!

 

どんな鍋を何をそろえたらいいの?

基本は具を重ねて入れるので
ある程度の大きさがあったほうがよいです。
もちろんフタはぴったり閉まるものを!
(詳しくはこちらをご覧ください)
http://hashimotomayumi.com/2019/02/12/column-25

こんな鍋、おうちにありませんか?

1.片手鍋や土鍋
2.薄手のアルミ鍋や蓋つきフライパン
3.ホーロー鍋

そうなんです、基本的なものばかり。

だれでも簡単に作れて、このも先ずっと続けられる。
これが始めた人が重ね煮の虜になってしまう理由の一つです。

用途に合わせて鍋を使い分けよう

 

片手鍋や土鍋

1.得意なもの

ご飯や煮物、味噌汁、スープなど
出番の多い鍋です。

2.特徴

煮含める料理やご飯を炊くのに向いてます。
長い時間煮るものにはステンレス製の厚手の多層鍋を

3.例えば

ごはん炊き、味噌汁、野菜スープ、ポタージュ、筑前煮

 

薄手のアルミ鍋、蓋つきフライパン

1.得意なもの

あえ物、サラダ、青菜の蒸し煮

2.特徴

歯ごたえを残して色よくさっと煮たいとき
栄養分を逃さず仕上げる
無水鍋でなくても色鮮やかさはそのまま
短時間で仕上げます。

3.例えば

ブロッコリーの蒸し煮
青菜の胡麻和え
ニラともやしのナムル

 

ホーロー鍋

1.得意なもの

酸味のあるもの
極端にしょっぱいもの
果物やトマトを煮るとき

2.特徴

酸に強い

3.例えば

味噌汁
さつまいもとリンゴの葛煮
チリコンカン
甘酢煮

いかがですか?
このお鍋なら家にある!

というあなた!
重ね煮はすぐに始められるのがいいところなのです。
重ね煮を身近に感じて頂けると嬉しいです。
ぜひおうちにある鍋で
重ね煮ライフを始めてみませんか?