飲むお手当

昨日に引き続きお母さんが
おうちにあるものでできるお手当てです。

高熱が出たら早く何とかしてあげたい!
前回は「外から当てるお手当て」をお伝えしました。

今日はかんたんに作れる!
飲んで熱を下げるお手当です。

なんと玄米だけでできちゃいますよ!

玄米をじっくりと黒くなるまでお鍋で炒ってから
煎じます。

玄米の驚くべき効果が発揮される
お茶です!

名前を

玄神(げんしん)と言います。

微熱がおさまらず、
なかなか治らない風邪の症状にも効果的。

たった一杯で
熱が和らぐことがあります。

我が家では、
なかなか下がらなかった娘の高い熱が
この一杯で微熱まで下がり、

笑顔が戻った
飲むお手当です。

玄神(げんしん)の作り方

材料 (作りやすい分量)

玄米  1/2カップ
水   4カップ(玄米の8倍)

作り方
1、玄米を炒り、真っ黒になり煙が出て粘りが出たら火からおろす。
2.鍋に分量の水を沸騰させ、1を加え、弱火で10分ほど煮出す。
3.抽出液だけをすぐにポットやガラス瓶に移す。

一回に3/4カップくらいを目安に飲みます。

高熱の時はこの苦みのある味が
とてもおいしく感じるらしく
娘はおいしいおいしい!と
一気に飲みました。

回復するとまずく感じるので
その時が飲用を中止するサインですよ!

解熱剤などの
薬に頼る前に
台所にあるものでできる
安全なお手当て
お母さんもお子さんも
笑顔がいっぱいになりますように♡