「ここまで使うのですね!
ここはいつもバッサリ切り落としますよ~。」

体験クラスに参加するお母さんは
みんな意外な野菜の切り方に
驚きます。

野菜の切り方、
というか野菜の処理の仕方

重ね煮流の野菜の処理
すこし披露します。

一物全体食の考え方

 

野菜は丸ごと全部で調和していて、不要なものはない。
そのエネルギーを丸ごといただき健康になろう!
という考え方があります。

一物全体食といいます。

なのでできる限り
調理してしまいますよ。

里芋の皮や山菜のアクなど
一部を除いてほとんどの野菜は
皮むきもアク抜きもしません!

野菜の処理の一例です。

玉ねぎのへた
こんな風に刻んで丸ごと切ります。

ねぎの根っこ
刻んで

人参のへたはくりぬいて

山芋の側根
コンロで焼いちゃいます!
チリチリ燃えるさまは楽しい♪


香ばしい香りがしながら
チリチリと焼く作業は
結構楽しい。

 

なぜこんな風に使い切るのか?

それはそのほうがおいしく仕上がるから!

「いままですてていたところもおいしかった!!」
「これからは皮ごと使ってみます!」

体験クラスに参加された生徒さんは
皆さんまずは驚きます(^^)
驚きながらも
早速おうちで取り入れていますよ。

「美味しいうえに時短にもなりいいかも~」
とママ達には好評です。

皮やあく抜きしないほうがおいしいわけを書いたブログはこちらです。
「風邪の予防~皮ごと食べること~」
http://hashimotomayumi.com/2018/11/02/column-1/