養生科

子供が苦手だった野菜を『甘くて美味しいね♡』と食べた!《重ね煮アカデミー養生科の生徒さんのお声》

養生科を卒業されたK.M.さん(神奈川県/ 中学生と小学生のお子さんのママ)の感想をお伺いしました。

 

1.養生科で印象に残ったことは何ですか?

『調和』の考えを学べたことです。知識や根拠を学べ、土台が出来てきたような印象があります。

少しずつですが食べ方の軸ができてくると、普段の生活、家族や自分の体調、買い物、献立など、ふと考える時に調和の考えを基に自然と選択できるようになってきていることを実感できます。

重ね煮の課題レシピも、食材本来の持っている甘みや旨味が生かされていて、特に砂糖を使わないでくだものの甘みや酸味を使うところに驚きました。

自然な甘味が身体に馴染んですごく美味しくて感動したのを忘れられません。

うまく調和されると調味料は少しで良いのだと知り、使う調味料も整理され、より良い調味料を選べるようになりました。本当に学べて良かったです。

 

2.自身や家族の変化

自分

・食事に対する考えがシンプルになり、料理に対して前向きになれました!

・興味が増えて楽しくなりました。すごく大きな変化でとても嬉しいです。

・今まで使ったことのなかった食材が使えるようになりました。

・味覚が変わり、お米や野菜が美味しいと感じられるようになりました。

・調味料の使い方、油は仕上げに少しでいいことを学べました。

・情報に惑わされなくなってきました。

・疲れている時でも料理が作れるようになりました。

家族

・子供が苦手だった野菜を『甘くて美味しいね』と食べていることに驚きました!養生科始まってすぐの出来事だったので、重ね煮はすごいなと思いました。

・お米が美味しいようで、お米をたくさん食べるようになりました。

・重ね煮レシピが定番化し、リクエストしてもらえるようになりました。

・満腹を感じるようで、食べ過ぎることが減ってきています。

・娘が手伝ってくれることが増え、頼めることも多いので、重ね煮レシピを一緒に作れることが増えました。

・家族での『美味しいね』の会話やこれは何の野菜を使ってるね、などの会話が増えました。目標達成です(^^)

 

3.橋本先生はこんな人

美人で優しく穏やかでいつも素敵だなぁと思ってます。

穏やかな中の、とっても熱い思いがあって、その熱い思いはオンラインの画面越しでも伝わるため、先生と話した後はエネルギーをもらえます。

相談事にも親身に考えてくださるし、体験談も話して下さり、より近い立場で答えを導いて下さり有り難いです。

 

4.重ね煮アカデミーはこんな人にオススメしたい

・料理に苦手意識のある方におすすめしたい

・仕事と家庭の両立で忙しくしている方

・子育て中や、家族の食事について悩んでいる方

・短時間で美味しいごはんが作れると知ってもらいたい

 

橋本真弓
Kさんありがとうございました!

 

フルタイム勤務のママ、テニス部のお子さんには重ね煮弁当を

Kさんはたった半年で数え切れない変化に圧倒されています。

フルタイムで働く大忙しのママですが、
土曜日講座で学んだ日の夜はフルコースでレシピ5品の献立を必ず作り、ご自身のものにされていました。

家族の健康を本気で想うKさんの熱意にいつも驚かされて、そして感動を頂いていました。

今ではテニス部で頑張る中学生のお子さんに重ね煮で手作り弁当を持たせられ「美味しい」と食べているとのこと!

身につけられた知恵と共に、ご家族の健康を台所から支えていってください。

アレルギーっ子を支えるお母さんの知恵「重ね煮メールレッスン読者特典」

お弁当レシピ秋冬編 カンタン、美味しい、栄養バランス

「食の知恵」をお届けする「重ね煮メールレッスン」。
今ならご登録者全員に、ママに嬉しい特別PDF冊子プレゼント。

詳しくはコチラ

 

この記事を書いた人

ハナミズキ 橋本真弓

橋本 真弓
重ね煮アカデミー® 認定師範
「ハナミズキ」代表

双子の息子と娘の三人の子の母。かつては子供の中耳炎やアレルギーで毎週通院。強い薬を飲ませることに疑問を感じていた頃に「からだは食べているものでできている」ことに気づき、重ね煮に出会う。

「台所にあるもので家族を守る知恵」を学び、家族の体調不良や自分の花粉症が改善。夫は無理なく9キロ減量。
いまはその知恵を全国の人にお伝えしている。

 

 

-養生科